日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

フォーカシングとは?

対象 一般~専門

フォーカシングとは?

フォーカシング(focusing)は、来談者中心療法を確立したカール・ロジャーズ(1902年-1987年)の共同研究者でもあったE.T.ジェンドリン(1926年-)が開発した心理療法と自己理解のための技法です。それは成功したカウンセリングの効果に関する研究の中から生まれました。
フォーカシングは、日頃、私たちが何となくからだや気持ちのどこかでぼんやりと感じていながらもはっきりしない問題に焦点づけ、その問題が発するメッセージを掴み、新しい発見や癒し、問題や気がかりの解決へと導こうとする原動力にもなりうる方法です。フォーカシングを習得することによって、他者の自己理解や問題解決を援助することもできます。

どんなことに役立つの?

  • 自己理解、心の整理
  • 堂々巡りや行き詰まりの解消、意思決定
  • 自分自身を取り戻す
  • リラクセーション
  • 感受性、創造性の向上
  • 共感的聴き方が身につく など

フォーカシングは心理療法やカウンセリングの技法として用いられるだけでなく、さまざまな領域で活用されています。一般には、効果的な自己探索の方法として、自己理解、自己受容、決断やメンタルヘルスの目的で実践されており、問題解決や心理的成長、創造的活動に役立ちます。
カウンセリングやセラピーにフォーカシングを活かす場合も、まず援助者自身がフォーカシングを行うことが基本です。カウンセラー自身が内側の感じに気づくことで、傾聴の質を高めることができます。


こんな方におすすめします!

  • もっと自分の心に耳を傾けたい
  • 気になることがいっぱいで、落ち着いてゆっくり考えることができない。もっと自分とうまくつきあいたい。
  • 他者に惑わされすぎないように、自分自身をもっと大切に、拠り所にできるようになりたい
  • アサーションで表現することを学んだところ、自分自身が伝えたいことは何なのか、本当はどう感じているのかよく分からないことに気がついた。もっと自分のことを知りたい。
  • カウンセリングを勉強中なので、傾聴や共感する力を高めたい。

フォーカシングは、やり方(基本)を覚えれば自分一人でもでき、生涯にわたり必要なときにいつでも利用できるもの(技法)です。ただ、初めての人は本を読んで自分でやってみてもなかなか感じを掴めないことが多いので、まず熟練者に聴き役(リスナー)をしてもらいながら体験するのが一番です。

フォーカシングを身につけると、自分自身の本当の気持ちを大切にしながら、いきいきと生きることことに繋がってくれるかもしれません。フォーカシングを学んで日常生活でもフォーカシングを活かしてみませんか?


日精研のフォーカシング

経験豊かな講師陣

日精研のフォーカシングを担当しているのは、アメリカの国際フォーカシング研究所(The International Focusing Institute)の認定を受けたフォーカシングのコーディネーター/トレーナーです。フォーカシング経験はもちろん、臨床経験も豊富な講師(トレーナー)陣ですので、一人一人に配慮したきめ細かい丁寧な指導には定評があり、フォーカシングが初めての方でも安心して学んでいただけます。

体系的なプログラム

日精研では、フォーカシングがどんなものか体験してみたい方から、基本を学び自分の生活に活かしたい方、さらにはフォーカシングを習得することで他者の援助に役立てていきたい方まで、フォーカシングを体系的に学ぶことができます。個別指導やセミナーを定期的に開催しておりますので、ご自身のニーズやペースにあわせて体験を深めたり、段階的に学んでいくことが可能です。

フォーカシングの用語

フォーカサー(Focuser)

フォーカシングをする人

リスナー(Listener)

フォーカシングの聴き手、フォーカサーと一緒にいて聴き役になる人

ガイド(Guide)

フォーカシングの初心者にやり方を教えたり、フォーカシングが行きづまったときに手助けをする役の人

フェルトセンス(Felt Sense)

まだ言葉やイメージにならない「気になる感じ」

開催間近の講座