日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

フォーカシング リスナーガイドコース

対象 一般~専門

今後の日程お申し込みはこちらから

  • 開催日程が決まり次第、ホームページやメルマガで順次告知いたします。

講座内容

リスナー(フォーカシングの聴き手)訓練を目的としています。 fo_image.jpg 安定して自分のフォーカシングを進められるようになった参加者同士がお互いのリスニングの練習台となり、リスナーとしてのスキルアップを図るとともに、自分のフォーカシング体験を重ねます。少人数・集中形式の実習とそのフィードバックセッションを中心に、相互の交流を通して、柔軟なリスニングを身につけることを目指します。 また対人援助者にとっての共感的な傾聴の訓練にもなるでしょう。

開催形式 3日 
開催日時 今後の日程   
定員 12名(最少開催人数8名)
参加条件 下記項目を満たしていること
・全プログラム(3日間)参加できる方。
・ベーシックコースを修了し、フォーカサー継続コース(旧ベーシック・フォローアップコース)を最低1回は修了していること。
・自立したフォーカサーとして体験を進めることができること。
受講料 63,000円(8%税込)
テキスト 『フォーカシング・ワークブック -楽しく、やさしい、カウンセリングトレーニング』 
近田輝行・日笠摩子(著)/株式会社日本・精神技術研究所
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 The International Focusing Institute認定トレーナー
受講証明書の発行 あり
申込方法 今後の日程から希望日を選択

講座のねらい

  • 「フォーカサー・アズ・ティーチャー」という考え方と、それに拠るリスニング練習の枠組みを学び、フォーカシングのリスニングをする際の基本的な態度の理解を図ります。
  • 講座外のフォーカシング・セッションでも、フォーカサーとして、リスナーとして、「フォーカサー・アズ・ティーチャー」が行えるように練習します。
  • 上記を通じ、共感的な傾聴の勘所の理解と実践練習を積みます。
  • 「フォーカサー・アズ・ティーチャー」と「コーチ法」を学ぶことで、リスナーとして気軽に提案を試みることができるリスニング練習の枠組みを学び、リスナーガイド継続コース受講の準備をします。

こんな方におすすめします

  • 傾聴のスキルアップのために、フォーカシングのリスニングを深めたい。
  • リスナーとしての基本・やり方をしっかり学びたい。

カリキュラム

    1日目
  • 「フォーカサー・アズ・ティーチャー」という考え方の説明
  • 「フォーカサー・アズ・ティーチャー」によるリスニング練習導入のための実習
  • 「フォーカサー・アズ・ティーチャー」によるリスニング練習

  • 2日目
  • 実習「フォーカサー・アズ・ティーチャー」
  • 実習「フォーカサー・アズ・ティーチャーもしくはコーチ法」

  • 3日目
  • ガイドのデモとその解説
  • コーチ法とフォーカサー・アズ・ティーチャー

受講者の声

自分の中にある色々なものの存在に気づき声をかけてあげることの重要さが良く分かりました。それだけで自分自身が変わるんだなという事に気づきました。心の中のもやもや、ざわめき等それは何らかのメッセージが潜んでいるんだなと実感しました。
対人関係での人による対応の仕方に関して、自分自身に問題があることに気づきました。仕事上でストレスがあり、ペースを乱していましたが、自分を取り戻し、力を頂きました。今回リスナー体験をしたことで一歩進めた気がします。