日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

違いを活かす「組織風土」づくり ~ダイバーシティ・マネジメントに不可欠な考え方~

対象 一般~専門

「グローバル化」、「労働力人口の減少」などを背景に、日本国内でもダイバーシティの重要性が注目されています。多様性とは、たんに形(性別、人種、雇用形態など)をととのえるだけでは効果がないのだ、との理解がすっかり浸透しました。
とは言え、さまざまな価値観をもつメンバーの "違い"を十分に活かしきれなかったり、メンバー間で起こる"葛藤"への対応に苦慮する組織が、少なくないようです。
異なった見方をいかに経営に活かせるか。私たち日精研は、その手がかりが、メンバーの「関係性」を変えることによる組織風土づくりにあると考えています。
ご所属の組織において、ダイバーシティ・マネジメントを促進する糸口がつかめる講座。これから本格的に取り組みたい経営者の方にも、ぜひご参加いただきたい内容です。

講座内容

講座の概要

開催形式 半日
日程 2015年3月19日(木)13:30~16:30
定員 20名(最少開催人数5名)
参加条件 経営者/人事・教育担当者/カスタマイズ研修の導入を検討されている担当者
※当セミナーは組織内で教育企画を担当されている担当者の方を対象としています
受講料 5,000円(8%税込)
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 文川実(中小企業診断士、1級キャリア・コンサルティング技能士)

講座のねらい

  • 経営的視点から、ダイバーシティ&インクルージョンの意義を考える。
  • 関係性が組織のパフォーマンスに与える影響を学ぶ。

こんな方におすすめします

  • 多様な個性を持つ人材の活用法を、再検討したい方
  • 社内のダイバーシティ・マネジメントがうまくいっていないと感じている方
  • 自社内でこれからダイバーシティに取り組んでみたいとお考えの方

講師プロフィール

《文川実》
中小企業診断士(経済産業大臣登録)
1級キャリア・コンサルティング技能士(厚生労働大臣認定)

経営コンサルタントとして組織を支援するとともに、キャリア・カウンセラーとして個人の支援に従事。厚生労働省、経済産業省の施策の委員等も歴任。専門領域は、キャリア・カウンセリング、キャリア・コンサルティング、アサーション・トレーニング、グループ・アプローチ、組織開発(OD)。
現在、キャリア・コンサルティング技能士会(関東甲信越支部)幹事・日本産業カウンセリング学会理事・日本キャリア開発研究センター( JICD )理事・キャリア・コンサルティング協議会特任講師などをつとめ、幅広く活躍している。

カリキュラム

13:30~14:30 ・ダイバーシティ&インクルージョンの意義
実現のための考え方 ①ソフトとハード ②システム論的考え方
14:30~16:00 ・グループワーク
16:00~16:30 ・小講義「関係性が組織に与える影響」
・質疑応答
※休憩は適宜  ※セミナー終了後、個別相談を承ります