日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

組織に活かす 「グループワーク」の効果的な活用法

対象 一般~専門

これまで、「グループワーク」や「体験学習」に参加されたことのある方は、少なくないのではないでしょうか。しかし、「受講者受けが良いから」と実施者側が何となく用いているケースもあるように思います。結果、今日のワークは「楽しかった」という感想だけで終わってしまうケースも見受けられます。
当公開講座では、長年「グループワーク」を研修で用いている講師が、研修に体験学習を導入する意義、効果的な活用法について解説します。当日はご質問もお受けします。「グループワーク」のより効果的な活用法を模索されている方にはぴったりの講座です。
半日で気軽に学べる"体験講座"。ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

★2014年2月から、日精研では新設講座「グループワークで学ぶ」シリーズを開催します。このシリーズでは、一貫して「ラボラトリー方式の体験学習」を用いますが、そもそも「それって何?」という方もいらっしゃることと思います。このイベントでは、「ラボラトリー方式の体験学習」も体験いただきながら、その特徴もご説明させていただく予定です。


講座内容

講座の概要

開催形式 半日
日程 2014年4月25日(金)13:30~16:30
定員 24名(最少開催人数10名)
参加条件 どなたでも参加可
受講料 【一般】3,500円(8%税込)
【α通信会員※13,000円(8%税込)
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 石井隆之(日本・精神技術研究所)
※1:弊社メールマガジン「α通信」購読会員向けの受講料です。まだ会員でない方でも、購読申込手続きのうえ本講座にお申し込みいただければ、会員価格にて受講可能です。

講座のねらい

  • グループワークの基本を知る
  • 「ラボラトリー方式の体験学習」を体感する
  • 「体験を学ぶ」ことと「体験から学ぶ」ことの違いを理解する

こんな方におすすめします

  • すでにグループワークを実施しており、より効果的な使用法を検討したい方
  • 今後、グループワークの実施を考えている方/これから経験を積んでいきたい方
  • 「グループワークで学ぶ」シリーズへの参加を検討されている方

講師プロフィール

《石井隆之》
東洋大学大学院文学研究科教育学専攻修士課程修了
現在、株式会社日本・精神技術研究所研究所 心理測定事業部員
体験学習認定ファシリテーター
アサーショントレーニング認定トレーナー/臨床心理士
メンタルヘルス相談、キャリア・カウンセリング、心理教育的プログラムの企画・開発・運営に従事
川村学園女子大学心理学科非常勤講師、社会保険中央看護専門学校非常勤講師(人間関係論)を兼務
企業、官公庁、専門学校等での研修講師の経験多数

カリキュラム

13:30~14:25 ・はじめに
・ラボラトリー方式の体験学習とは
・プロセス/コンテントの意味
・研修に体験学習を導入する意義/効果的な活用法
(休憩)
14:35~16:00 ・「ラボラトリー方式の体験学習」の体験
16:00~16:30 ・質疑応答
・新設講座のご紹介